次世代CALS研究会次世代CALS研究会

情報化施工(TS出来形管理)

TS出来形管理とは

施工管理の情報活用として、現在一般的に利用されている巻尺・レベルに代わって、 使用する計測器に「施工管理データを搭載したトータルステーション(以下TSという)」を採用した施工管理方法です。

※トータルステーション
セオドライト(トランシット)+測距儀 俗に現場では「光波」と呼ぶことがあります。
自動追尾型、ロボット型など各種機能を持ったものがだされています。
光の反射を目標にプリズムを追う自動追尾型ではワンマンでの、計測が可能です。

TS出来形管理効果

「TSによる出来形管理」での効果は「ミス無く迅速に」の現実です。

TSの活用方法

TSの利用により出来型計測は、3次元の座標値として計測することができるようになり、 施工管理・監督検査に計測した施工管理データ(基本設計データ)を用いることが可能となりました。

これにより現場においては、TSの画面上で計測物の出来形型状との違いを把握することが安易となり、 さらに出来形帳票や出来型図がパソコンにより自動作成すること、も可能になりました。
このTSは、出来形管理のみでなく起工測量や丁張り設置にも利用することが可能で、施工管理全般の効率化と丁張り計算等の省力化・ミス防止等が期待できます。
そして、発注者は、完成検査の省力化と出来形管理で計測した3次元座標値を維持管理で活用することができます。

よくある勘違い

・TS計測がレベルより精度が高い。
高さに関してはレベルによる測定の方が精度は高いのです。
ですから100mの測定制限や基準点に要求する精度を4級基準、3級基準として精度を確保します。

・TS出来形管理は新技術。
土工については仕様書で認められている方法です。
ですから請負者がTS出来形管理の施工計画に対し、適応条件を満たす限りは否定したり二重管理を求めることができません。

・出来形管理用TSは専用機器
出来形管理用TSは、測量の汎用機に出来形管理用データを搭載する機能が追加されたものです。
丁張り設置など通常の測量に使えます。出来形管理用TSはデータが搭載できますからそのような測量でも効果的な作業が出来ます。

一部、国土交通省 中部地方整備局 建設ICT導入研究会 建設ICT総合サイト ざっくりシリーズより (http://www.cbr.mlit.go.jp/kensetsu-ict/index.htm)出典